ダイバーの減圧症の予防法を研究と啓蒙

ダイバーの減圧症の予防法を研究と啓蒙

スノーケリング教室のサポート


ダイバーの減圧症の予防法を研究、啓蒙活動を行っています。

社内の研究チームは、多数の減圧症罹患者のダイブプロファイルをコンピュータシミュレーションで分析し、ダイビング中の体内窒素圧と発症の因果関係を研究。従来は危険とされていなかった潜水パターンの中にも、危険なダイビングがあることをつきとめ、ホームページ上などで警告しています。こうした活動が認められ、日本高気圧環境・潜水医学会関東地方会の潜水医学講座をはじめ、数々の研修会などに講師として招かれ、減圧症の予防法の講演を行っています。また、日本高気圧環境・潜水医学会関東地方会誌などに研究結果の論文が掲載されています。。
ダイバーの減圧症予防法の研究や啓蒙活動を行っています

We research preventive measures to guard against decompression sickness of divers, and also engage in awareness activity.

Our research team is deeply committed to the protection of all divers and has been involved in revising standards for safe diving patterns. Our research has sampled those with experienced decompression sickness and incorporated computer simulations to better determine the causal relationship between internal nitrogen pressure during a dive and the onset of diseases. Our results have been published in the journal of the Japanese Society of Hyperbaric and Undersea Medicine and our team has been invited to numerous training programs and lectures on preventing decompression sickness.